Site Overlay

PROFILE


ポップでキャッチーでファンキーな思わず体が反応してしまう独特のグルーヴは聴いた者を虜にするピコピコマジック。2001年よりソロ・アーティストFQTQ名義での活動を開始。Electro House、Funky Houseといったクラブミュージックをベースに構築されたファンキーなトラックと、アナログシンセを駆使したライブパフォーマンスで注目を集める。
2002年に1stアルバム”ROBOT ADVENTURE”でデビュー、これまでフルアルバムを5枚リリース。ジャケットイラストを漫画家の押切蓮介、清野とおる、小田扉などが担当し、サブカルチャー方面で反響を呼ぶ。

2005年にリリースした2ndアルバム”CRAZYPOPS”はインディーズの週間テクノ/ハウスチャート1位を記録※。同名のイベント”CRAZYPOPS”を立ち上げる。2007年にリリースした3rdアルバム”FUNKY WEAPON”はDÉ DÉ MOUSEのREMIXも収録され話題となった。

2008年にビクターエンターテインメント×myspace主催のプロデューサーオーディションに入賞、80_pan(ビクターエンタテインメント)のプロデュースを手がける。その後、多数のシンガー、アイドルなど楽曲提供を行う。
2015年にはUSJのワンピース・プレミアショーで楽曲が使用され高い評価を受けた。
2018年にはサウンド&レコーディング・マガジンに4ヵ月にわたり”FQTQが使うFLstuidio”を連載。また東京ビッグサイトで開催された2018楽器フェアにて、FLstudio20のデモンストレーションを行う等、多岐にわたる活動を行っている。

とにかくわかりやすい楽しさに溢れたゴキゲンなミュージックを発信中!!

※アクアディウム調べ-2005年5月2日~5月8日



WORKS

パチスロDISCUP(サミー)音源 「REMIXUP」:「Shooting Shower」REMIX提供(2020年)
着ぐるみアイドル メテオティアーズ:「SHINNING 3 STARS」楽曲提供(2019年)
ジラファント7 (秋元きつね+田中正一):ALBUM「うそっぱち」マスタリング(2019年)
2018楽器フェア: FLstudioデモンストレーション(Hookup, Inc.ブース)
Sound&Recording Magazine:「FQTQが使うFLstuidio」連載(2018年9~12月号)
エムトピ:「エムトピレッツゴー」等 編曲 (2016年)
真空スペクトル:「MONSTER」 「SURVIVOR」作・編曲(2016年)
ワンピース・プレミアショー 2015(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン):楽曲提供(2015年)
なの小夕子:「どよめき」編曲(2015年)
spoon+:「やめました。」 「LIPCRAP」 「ラブラボラトリー」編曲(2011年~)
80_pan(ビクター・エンターテインメント):作・編曲・プロデュース(2008年)
オンラインゲーム「ダンシングパラダイス」(NEXON):楽曲提供(2008年)


関連ユニット・プロジェクト

レコライド……2009~2011年在籍 2011年9月脱退
猛毒……2011年在籍、2011年11月脱退
怪奇ドロップ……休止中
桃吐マキル+FQTQ……休止中

Copyright © 2020 FQTQ.space. All Rights Reserved.
Scroll Up